手の甲の湿疹でお困りなら

手の甲にできる湿疹、これは「手湿疹」と呼ばれます。

 

手湿疹は、20〜40歳代の女性に多く見られる症状なので、
「主婦湿疹」と呼ばれたりしますね。

 

また、水仕事が中心な飲食業の人や、
美容業の人などにも手湿疹は多くられます。

 

さらに、水仕事だけでなく、強いストレスや寝不足、
野菜や魚などの食材、シャンプーやリンスなどのヘアケア用品、
衣類をたたむ事による摩擦など、
手の甲にできる手湿疹の原因はさまざまです。

 

そして、この手湿疹になってしまうと辛いですよね。

 

手湿疹の症状としては、
手指や手の甲がカサカサしていたり、
手指がはれたり、皮膚に亀裂が入って出血するなどします。

 

いろいろな症状が出ますが、
とにかく痒いのが辛いですよね。

 

痒いと?いてしまって、皮膚を?き壊してしまうので
どんどん症状が重くなってしまいます。

 

手湿疹は、水仕事によって皮脂がとれてしまい、
皮膚のバリア機能が落ちる事によって起こります。
そして、バリア機能が落ちってしまったところに、
刺激の強い合成洗剤などが触れることにより悪化します。

 

初期症状は、手の甲や指に赤いポツポツした湿疹ができます。
この症状のうちに治してしまえばよいのですが、
強いかゆみを伴うので、かいてしまって皮膚を傷つけ、
結果、あかぎれやひび割れのようになってしまったり、
ジュクジュクしてしまい、ハンドクリーム等でケアするだけでは
治らないようになってしまいます。

 

しかも、通常の手荒れとちょっと違うな・・・
と気づいたときには、もう既にハンドクリームのケアでは
治らないような状態であることが多いです。

 

いつものハンドクリームのケアでは乾燥が治まらなかったり、
赤いポツポツしたものができてしまっているとき、
かゆみを伴うときには手の甲の手湿疹を疑い、
皮膚科を受診するようにしてくださいね。